MENU

赤ちゃんにも好影響!DHAの効果と妊娠中の魚料理の食べ方

妊娠

 

魚に含まれているDHAは血液をサラサラにする効果があるので血圧、中性脂肪、コレステロールの値を正常にしてくれます。

 

それにより生活習慣病を予防する事が出来るので健康面を考えた時にDHAを摂取する事はとても重要になってきます。

 

また妊娠中にDHAを摂取すると赤ちゃんの脳神経の発達を促進する効果があるので健康な赤ちゃんが生まれてくる確率が高くなります。

 

妊娠中に魚料理を食べてDHAを摂取する事もとても重要になってきます。

 

DHAを摂取する時は火を通さない魚料理の方が体への吸収力が高まるのでお刺身がいいと言われていますが、妊娠中にお刺身など生の魚を食べてしまうと菌が体内に侵入して赤ちゃんに悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

妊娠中はお刺身ではなく火をしっかり通した焼き魚を食べてDHAを摂取する方がいいでしょう。

 

DHAは幅広い年齢層の人が摂取すると健康面でメリットになるので日常生活の中で魚料理を中心とした食事をする習慣をつけておくといいでしょう。

 

妊娠中の食生活で大切にしていること

 

最近やっと安定期に入り、つわりも落ち着いてきました。胎盤が完成すると、私が摂取したものがあかちゃんの栄養になる、と聞いたことがあり、食生活に気を付けるようになりました。

 

中でも意識して摂取しているのがDHAです。安定期以降DHAを適量摂取すると、頭の良い子がうまれるらしい、という記事を見かけたので。。

 

私は元々魚が苦手でしたが、お腹の中の我が子のため、と思い、週に2日は魚料理を食べることにしています。魚と言っても生魚はあたってしまったらこわいので、必ず火を通すようにしています。生魚の方がDHAは摂取量が多そうなのですが…

 

また、DHAは酸化しやすいと聞いたので、抗酸化作用のあるオリーブオイルで調理するようにしています。

 

オリーブオイルはなんだかヘルシーな感じもしますし!先日はぶりの照り焼きをオリーブオイルを使って作りました。魚が苦手なので、勿論お家で魚料理を作ることも全く無かったので、ネットでレシピを検索して悪戦苦闘しています。。

 

もっとレパートリーを増やして、美味しく楽しく栄養を摂れたらいいなと思います。

 

妊娠中のDHA摂取は胎児にも良い?

 

DHAといえば魚に多く含まれており、食べると頭が良くなると言われる栄養素ですよね。

 

そもそも、DHAは正確には「ドコサヘキサエン酸」という、動物が生命を維持するのに欠かせない必須脂肪酸です。

 

DHAはよく知られている通り、イワシなどの青魚やマグロ・カツオなどに多く含まれる成分です。

 

そしてDHAは人間の脳を構成する脳細胞膜に存在しており、DHAが多いと学習能力や記憶力が高まるとされています。

 

実は、妊娠中にDHAを摂取することでお腹の赤ちゃんの脳にも良い影響があるとされているんです。

 

DHAを摂取した妊婦とそうでない妊婦にわけて比較した調査では、赤ちゃんが産まれて18ヶ月(1歳半)になったときの発達評価で、運動および行動情緒の発達は妊娠中にDHAを摂取したグループのほうが高かった、という結果もあります。

 

現代社会はライフスタイルや食生活が多様化しており、昔に比べると魚の摂取量が減り、その結果DHAの摂取量も減少していると言われています。

 

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのためにもDHAを含む魚をしっかり食べるようにしたいものですね。

 

つわりで食事が思うように取れない場合は、水銀検査をしている妊娠中でも飲めるDHAサプリメントを利用するのこともおすすめです。

 

こちらのサイトにランキングがあったので紹介します。→妊娠中・授乳中におすすめDHAサプリメントを比較してランキング!

このページの先頭へ